Category Archives: Category カテゴリー

GO TO DIsney and Haneda By bus

map_kinshicho

Distance from this area to Disneyland is not far away.
However, the access by train is poor.
If you want to go to DIsney land from this area, it is recommended that you get on the bus after to go to Kinshicho Station once.WIMG_0854

For timetable
Please refer to the URL.
http://info.tokyodisneyresort.jp/access/bus/kinshicho.html
Japanese only
Adult rate is 720 yen
About 45 min

WIMG_0862
In addition, you can go directly from here to Haneda Airport.

For timetable
Please refer to the URL.
http://www.keikyu-bus.co.jp/airport/02_11_t2.html
http://www.keikyu-bus.co.jp/airport/02_11.html
Japanese only
Adult rate is 920 yen
About 40-60 min

WIMG_0864 WIMG_0867

Tokyo “Onsen” Hot springs

In case of stay in Tokyo, “Onsen” Hot springs and public baths

WIMG_9699 W20140622_172636 W20140622_162242 W20140622_162145 W20140622_145423

Onsen is water that contains mineral components other than water from the ground. Basically, hot spring is often located in the vicinity of the volcano. Therefore, the number of hot springs is less in Tokyo. In addition, it is whether is very important that how to enjoy hot spring “Onsen”.

If you want to enjoy the natural scenery or good of view, it is recommended that you go out to the suburbs.

However, traveler’s time has limited. I propose three ways.

1.   Hot spring facilities in Tokyo
Hot water is a hot spring. The view is modern and inorganic. 1000 yen or more

2.  Public baths in Tokyo
Hot water is not a hot spring. You can experience the traditional Japan. Economic. Once about 500 yen.

3.  “Oedo Onsen Monogatari”
Hot water is a hot spring. Interior is reminiscent of the old days of Japan. Once about 2000 yen

 

I will introduce the Oedo Onsen.

This is located in Odaiba.
Appearance is big, there is atmosphere of old Japan.
Free buses depart from the main station.
As Japan’s first hot spring theme park, it opened in March 1, 2003.
Normal business hours is until the next morning 9 am from 11am.

There is accommodation “Oedo inn Iseya” and simple accommodation “Black Ships Cabin” (men only), this is possible that they will be staying.

In case of weekdays, is able to nap until 7:00 in the rest room or hall without having to use the accommodation.  (this is written in February 2013)

As new attractions of Odaiba that reproduces “Edo” to the city, also as hot spring facilities that be able to go feel free , there is popular  to the elderly from children regardless of gender.

This theme is like do time slip.  After admission, choose from many kind of “yukata” that be able to rent from the facility, spend dressed. In the “Oedo Onsen” You can do game that was popular in the old days on Edo.

 

URL  http://www.ooedoonsen.jp/daiba/

Address  :  2-6-3, Aomi, Koto-ku, Tokyo

所在地  東京都江東区青海2丁目6番3号

 

Directions (for free bus)

Timetable

Around Sumiyoshi station 住吉

Around Kikukawa station 森下

japanese seaside resort
冬でもここは海の家

WIMG_1455 Are you aware of the “House of the Sea”?
It is a Poetic charm of Japan when to open summer only.
There are memories of variety in this “House of the Sea” Many of the Japanese.
In front of the station Kinshicho “Isomaru Fisheries” is a shop, such as the “House of the sea while being in the city”, can taste Petit journey mood.
And fish that swim vigorously in a water bath, big catch flag, lantern, circle chair, and posters of retro is amazing, .
You are in the store, but you feel like you warp to a city in the fishing port!
With a stove on the table, you are grilled fresh seafood and eat.
Exactly, it is the ultimate empty-handed barbecue.
You don’t need preparation and cleaning !
This shop 24×7. “Jinbei” of the staff wearing is a traditional clothing of Japan.
Since price is economical, please try to go once.WIMG_1414 WIMG_1434 WIMG_1458

『海の家』を知っていますか?
夏だけオープンする日本の風物詩だ。日本人の多くはこの『海の家』にいろいろな思いでがある。錦糸町駅の前にある『磯丸水産』は「都会にいながら海の家」に来たような、プチ旅気分を味わえるお店だ。店内には水槽で元気に泳ぐ魚たちや、大漁旗、ちょうちん、トロ箱、丸イス、 レトロなポスターなどがひしめいて、まるで漁港の街にワープしたような気分!
テーブルの上のコンロとあみで、新鮮魚介を自分で焼いて食べる。それはまさに、準備も後片づけもいらない究極の手ぶらバーベキュー!
この店は24時間年中無休。スタッフの制服はじんべえという日本の伝統的な服だ。
値段が経済的であるため、一度行ってみてください。

http://www.isomaru.jp/

The festival of once in 3 years
3年に一度のお祭り
猿江神社

 

WIMG_0566 WIMG_0551 WIMG_0572 WIMG_0547

猿江神社

 

祭神は天照大御神・宇迦之御魂神。平安時代後期、源頼義・義家父子による奥州遠 征(前九年の役)で数々の武勲を立てた家臣『猿藤太』は武勇の士と讃えられたが、此の地の入江で力尽きた。地元の漁師達は手厚く葬り、当社の境内に塚を建 て葬ったが、猿藤太の「猿」と入江の「江」の字を取り結び「猿江」の社名になったと伝えられる。創立年代は不詳だが康平年中(1058)頃には近在の信仰 を集め、稲荷社として境内地5百余坪を有したという。昭和21年に伊勢大御神を合祀して社名を猿江神社に改称した後も「猿江のお稲荷さん」として親しまれている。

猿江神社例大祭    
3年に1度の本祭りの年(2008)には土曜日に社殿で祭礼、日曜日に神幸祭が行われ午前8時に猿田彦を先頭に、神職・お囃子の後に古式のまま行列が神 社から出発し、町会神輿の連合渡御を伴って氏子町会を巡幸し午前11時ごろ神社に戻る。2008年は猿江2丁目と住吉1丁目町会の神輿が神幸祭連合杜御に 参加したが午後には各町会神輿、山車がそれぞれの各町会を練り、両日とも境内で奉納踊りほか色々な行事が催され沢山の屋台が出て祭りは賑わう。

http://homepage3.nifty.com/saruejinjya/

http://www.tesshow.jp/koto/shrine_sarue_sarue.shtml

http://members2.jcom.home.ne.jp/ichikondo/08%20saruejinjasairei.html

Sweet Beans shop since 1921
一粒でSWEETS    

WIMG_1202 WIMG_1219 WIMG_1212 WIMG_1204

http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131203/13105193/dtlrvwlst/2572893/

平野屋」。大正10年創業甘納豆専門店です。
東京新聞1月29日付けの最終面によれば、中学受験の年、東京大空襲をこの地で経験したというご主人。
川沿いに避難したので、危うく命を落とすことなく、 すでに五〇年以上、甘納豆づくりひと筋。「震災も空襲もあったが、私の代で100年まで続けたい」と 仰っています。建物は戦後のもので、水引のれんの下がる店構えは趣があります。

基本の甘納豆は昔ながらの表面が糖化したドライタイプ。ひと粒ひと粒がふっくら艶やか美形のお豆、食欲をそそる最上級の出来栄えです。さらりとキレの良い甘さは充分に時間をかけて仕上げた証し。一般的に甘納豆は数日かけて蜜煮をくり返し
砂糖を煮ふくめた後、じっくり時間をかけて内側から表面を糖化させます。
つまり、お砂糖をまぶす目的は、糖化を促すため平野屋の甘納豆の特徴は豆らしさが生きたふくよかなうま味。
私が感激したのはまるまると太った”お多福”
皮から芯まで抵抗なくすんなりした歯ざわり。
アクのないまったりした贅沢な味わいで
まるで一つ一つが品の良いひとくち菓子のよう。

coffee factory in tokyo
提供する豆の焙煎を都心で

WIMG_0453 WIMG_0446 WIMG_0443 WIMG_0435ザクリームオブザクロップコーヒー

 

http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13140269/
http://allabout.co.jp/gm/gc/393043/

http://c-c-coffee.ne.jp/

20124月、渋谷ヒカリエShinQs1階にオープンした小さなコーヒー専門店の名前「cream of the crop」が意味するところは「極上」。ベルギーの有名ショコラティエ「ピエールマルコリーニ」や、パリのフレーバーティー「ベッジュマン&バートン」など、極上を追い求めてきた株式会社クリームオブクロップカンパニーグループが、コーヒー豆の焙煎から手がけたコーヒーをハンドドリップで提供します。
コーヒー豆は同社がオープンした焙煎工場&コーヒーショップ「清澄白河ファクトリー」でローストされます。サンフランシスコのローリング・スマート・ロースター社の最新鋭熱風式焙煎機35kg釜を使い、焙煎技師の林大樹さんがエチオピアイルガチェフェ、インドネシアマンデリンなど世界各国の豆を焙煎。

Taste is “Showa”.
You can look Mt Fuji in tokyo even on a rainy day.
数少ない雨でも見られる富士山

WIMG_0587 WIMG_0585 WIMG_0598 WIMG_0595

銭湯(せんとう)は、客が入浴できるようにした日本の公衆浴場である。

日本に仏教伝来した時、僧侶達が身を清めるため、寺院に「浴堂」が設置されたことが起源である。
戦後、本格的に都市人口が増大すると、至るところで銭湯が建築された。1965年(昭和40年)頃には全国で約22000軒を数えるようになった。
高度経済成長期以降、風呂付住宅が一般的になったことなどから、利用客と軒数が減っており、2005年(平成17年)3月末日における全国浴場組合(全国公衆浴場業生活衛生同業組合連合会)加盟の銭湯の数は5,267軒となっている。
脱衣所の手前で男湯と女湯に分かれている。外からのぞき見しにくい側に男湯を配置する場合もある。
銭湯と聞くと富士山の壁絵を思い浮かべる日本人は少なくはない。大正元年(1912年)に東京神田猿楽町にあった「キカイ湯」の主人が、画家の川越広四郎に壁画を依頼したのが始まりで、これが評判となり、これに倣う銭湯が続出し、銭湯といえばペンキ絵という観念を生じるに至った。なお、正確には東日本、特に関東地方の銭湯に特有のものであり、西日本の銭湯では浴槽が浴室の中央に設計されることが多いこともあり、壁面にペンキ絵はほとんど無い。図柄は浴場の主人による注文が基本であるが、富士山を主体とした図柄は男湯の浴室正面の壁面に描かれることが多く、女湯の浴室のペンキ絵は、富士山でなく幼児や子供が喜ぶ汽車や自動車が描かれることが多い。2012年(平成24年)10月の時点でペンキ絵の絵師は関東で2名を残すのみとなり、後継者の存続が危ぶまれている。

That’s the tofu of Japan. It can not be imitated in the factory.
これが、日本の豆腐。 工場でまねすることが出来ない技術がここにはある。

WIMG_0638 WIMG_0614 WIMG_0646 WIMG_0621

豆腐は中国伝来の食品であるという説がある。

中国では豆腐を炒めたり揚げたりして調理されることが多かったため、堅いものとなっている。
現在の日本の豆腐は柔らかくて淡白な食感を特徴とする独特の物である。

近代工業が発達するに連れて豆腐の製造作業の機械化も進み、わずかの大豆から効率よく豆腐が大量生産できるようになって、より安価で提供されるようになっていった。
しかしながら、個人経営の豆腐屋がいまだに点在するのは機械により作られた豆腐とは味の奥深さが違うためだ。
こうしたこだわりを持つ個人経営の豆腐屋では毎日豆腐が作られ、動かすことで形が崩れることの無いよう、売る間際まで店頭の水槽の中に沈められているものであった。
カロリーは比較的低いため、健康的な食品としてアメリカやヨーロッパなどでも食材として使われるようになっている。
まず原料の大豆を、一夜(12時間ほど)真水に漬けておく。翌朝、十分に漬けあがった大豆を適度に水を加えながらクリーム状に磨り潰す。このクリーム状に磨り潰された大豆のことを「呉」と呼ぶ。次に呉をお釜に移し、適度に水を加えて濃度を調整し炊き上げる。十分に炊き上がった呉を、布で濾して豆乳を木桶に取る。この豆乳が冷えないうちに凝固剤としてにがりを適度に加え、櫂と呼ばれる木の板で撹拌する。豆乳の濃度、温度、にがりの量、そして適度な「寄せ」がそろうと、豆乳は水と分離することなく固まり始め、やがておぼろ状、またはプリン状の豆腐となる。これを崩しながら内側に布を敷いた型の中に盛り込み、蓋をして重石を掛け、硬く水を切ると豆腐となる。

こうした一連の作業はごく一部の豆腐店で見ることも可能だ。

Wow, is It free! You can ride japanese old ship “wasen”
貴重な無料体験!東京で和船に乗船!!

WIMG_0849 WIMG_0851 WIMG_0856 WIMG_0857江東区は水彩都市だ。現在は埋め立てにより海岸が若洲にあるが、かつては現在の内陸部が海岸線であった。江東区役所沿岸部と逆の方向に『海辺』という住所があり、これはそのときの名残だ。 また『木場』という地名は、その名のとおり貯木場があった場所。 当時は運河を用いて木材を運んでいたのだから江東区が運河の町であったことがうかがえる。 そんな江東区はかつての技術や歴史を伝えるために和船の乗船を無料で行っている。 江東区がバックアップし、主にボランティアスタッフで活動しているため無料のようだ。

 

 

 

 

Clover Bridge

WIMG_0089 WIMG_0075 WIMG_0081 WIMG_0076CloverBridge, has struck at the confluence of the four districts Sarue, Oshima, Kitasuna, Ogibashi. Clover bridge has been planned as a landmark that can provide a cultural exchange between people and comfortable living in the community. It is a bike and pedestrian bridge, which was completed in December 1994. Four-leaf clover has been drawn in the middle of the bridge. It is often used as a location.

小 名木川クローバー橋は、 猿江、大島、北砂、扇橋の4つの地区を、小名木川と横十間川の合流点で結び、地域社会に快適な生活と人と文化の交流を提供できるランドマークとしての意義 が深い橋として計画されました。完成は平成6年12月、歩行者と自転車専用橋です。橋の真ん中に四つ葉のクローバーが描かれていて、ロケ地としてもしばし ば利用されています。