Category Archives: Foods 食べ物

My favorite “Tsukemen”

WIMG_0536 WIMG_0542 WIMG_0534 WIMG_0531Ramen became the food culture of the world.
I am delighted that I was born in Japan.
Charm of ramen is the collaboration.
Noodles have been carefully selected, and soup made ​​from a variety of materials.

In Hakata, pork”TONKOTSU” ramen.

In Sapporo, miso ramen.

Type of ramen is immeasurable.

Well, I would recommend “Tsukemen” noodle.

There are plenty of kind of taste of soup.
Always, the noodles not attached to the soup, so noodles is not to be too soft.
Eating noisily is the manners of Japan.

The name of the shop to introduce is Nakagawa-kai.

Shopkeeper was originally business man.
For to open the shop, he eat in shops of hundreds, to pursue the taste of your own.
Thick Noodles that made by brand of “Asakusa-kaikaro”.
The soup with a rich creamy taste.
That’s characterized.
There is a strong resilient noodles.
Sliced ​​Roast pork is melt in the mouth.
When you have finished eating noodles, please order “curry-hen” Rice.
This is a service that remake the soup to the curry.

 http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13125401/
11:30-15:00 18:00-22:00

japanese seaside resort
冬でもここは海の家

WIMG_1455 Are you aware of the “House of the Sea”?
It is a Poetic charm of Japan when to open summer only.
There are memories of variety in this “House of the Sea” Many of the Japanese.
In front of the station Kinshicho “Isomaru Fisheries” is a shop, such as the “House of the sea while being in the city”, can taste Petit journey mood.
And fish that swim vigorously in a water bath, big catch flag, lantern, circle chair, and posters of retro is amazing, .
You are in the store, but you feel like you warp to a city in the fishing port!
With a stove on the table, you are grilled fresh seafood and eat.
Exactly, it is the ultimate empty-handed barbecue.
You don’t need preparation and cleaning !
This shop 24×7. “Jinbei” of the staff wearing is a traditional clothing of Japan.
Since price is economical, please try to go once.WIMG_1414 WIMG_1434 WIMG_1458

『海の家』を知っていますか?
夏だけオープンする日本の風物詩だ。日本人の多くはこの『海の家』にいろいろな思いでがある。錦糸町駅の前にある『磯丸水産』は「都会にいながら海の家」に来たような、プチ旅気分を味わえるお店だ。店内には水槽で元気に泳ぐ魚たちや、大漁旗、ちょうちん、トロ箱、丸イス、 レトロなポスターなどがひしめいて、まるで漁港の街にワープしたような気分!
テーブルの上のコンロとあみで、新鮮魚介を自分で焼いて食べる。それはまさに、準備も後片づけもいらない究極の手ぶらバーベキュー!
この店は24時間年中無休。スタッフの制服はじんべえという日本の伝統的な服だ。
値段が経済的であるため、一度行ってみてください。

http://www.isomaru.jp/

Sweet Beans shop since 1921
一粒でSWEETS    

WIMG_1202 WIMG_1219 WIMG_1212 WIMG_1204

http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131203/13105193/dtlrvwlst/2572893/

平野屋」。大正10年創業甘納豆専門店です。
東京新聞1月29日付けの最終面によれば、中学受験の年、東京大空襲をこの地で経験したというご主人。
川沿いに避難したので、危うく命を落とすことなく、 すでに五〇年以上、甘納豆づくりひと筋。「震災も空襲もあったが、私の代で100年まで続けたい」と 仰っています。建物は戦後のもので、水引のれんの下がる店構えは趣があります。

基本の甘納豆は昔ながらの表面が糖化したドライタイプ。ひと粒ひと粒がふっくら艶やか美形のお豆、食欲をそそる最上級の出来栄えです。さらりとキレの良い甘さは充分に時間をかけて仕上げた証し。一般的に甘納豆は数日かけて蜜煮をくり返し
砂糖を煮ふくめた後、じっくり時間をかけて内側から表面を糖化させます。
つまり、お砂糖をまぶす目的は、糖化を促すため平野屋の甘納豆の特徴は豆らしさが生きたふくよかなうま味。
私が感激したのはまるまると太った”お多福”
皮から芯まで抵抗なくすんなりした歯ざわり。
アクのないまったりした贅沢な味わいで
まるで一つ一つが品の良いひとくち菓子のよう。

coffee factory in tokyo
提供する豆の焙煎を都心で

WIMG_0453 WIMG_0446 WIMG_0443 WIMG_0435ザクリームオブザクロップコーヒー

 

http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13140269/
http://allabout.co.jp/gm/gc/393043/

http://c-c-coffee.ne.jp/

20124月、渋谷ヒカリエShinQs1階にオープンした小さなコーヒー専門店の名前「cream of the crop」が意味するところは「極上」。ベルギーの有名ショコラティエ「ピエールマルコリーニ」や、パリのフレーバーティー「ベッジュマン&バートン」など、極上を追い求めてきた株式会社クリームオブクロップカンパニーグループが、コーヒー豆の焙煎から手がけたコーヒーをハンドドリップで提供します。
コーヒー豆は同社がオープンした焙煎工場&コーヒーショップ「清澄白河ファクトリー」でローストされます。サンフランシスコのローリング・スマート・ロースター社の最新鋭熱風式焙煎機35kg釜を使い、焙煎技師の林大樹さんがエチオピアイルガチェフェ、インドネシアマンデリンなど世界各国の豆を焙煎。

That’s the tofu of Japan. It can not be imitated in the factory.
これが、日本の豆腐。 工場でまねすることが出来ない技術がここにはある。

WIMG_0638 WIMG_0614 WIMG_0646 WIMG_0621

豆腐は中国伝来の食品であるという説がある。

中国では豆腐を炒めたり揚げたりして調理されることが多かったため、堅いものとなっている。
現在の日本の豆腐は柔らかくて淡白な食感を特徴とする独特の物である。

近代工業が発達するに連れて豆腐の製造作業の機械化も進み、わずかの大豆から効率よく豆腐が大量生産できるようになって、より安価で提供されるようになっていった。
しかしながら、個人経営の豆腐屋がいまだに点在するのは機械により作られた豆腐とは味の奥深さが違うためだ。
こうしたこだわりを持つ個人経営の豆腐屋では毎日豆腐が作られ、動かすことで形が崩れることの無いよう、売る間際まで店頭の水槽の中に沈められているものであった。
カロリーは比較的低いため、健康的な食品としてアメリカやヨーロッパなどでも食材として使われるようになっている。
まず原料の大豆を、一夜(12時間ほど)真水に漬けておく。翌朝、十分に漬けあがった大豆を適度に水を加えながらクリーム状に磨り潰す。このクリーム状に磨り潰された大豆のことを「呉」と呼ぶ。次に呉をお釜に移し、適度に水を加えて濃度を調整し炊き上げる。十分に炊き上がった呉を、布で濾して豆乳を木桶に取る。この豆乳が冷えないうちに凝固剤としてにがりを適度に加え、櫂と呼ばれる木の板で撹拌する。豆乳の濃度、温度、にがりの量、そして適度な「寄せ」がそろうと、豆乳は水と分離することなく固まり始め、やがておぼろ状、またはプリン状の豆腐となる。これを崩しながら内側に布を敷いた型の中に盛り込み、蓋をして重石を掛け、硬く水を切ると豆腐となる。

こうした一連の作業はごく一部の豆腐店で見ることも可能だ。

Beans shop Old style
明治を彷彿させる
レトロな豆菓子店

WIMG_0169

Beans snack (not sweet) Beans is a popular food in Japan. It is eaten as a meal, eaten as a snack. It is cooked in a variety of ways. There is a method to roasting.WIMG_0170 “Tajimoto irimame honten” is beans shop more than 90-year history. Style that sold by weight in the mass beans snack is found in the glass case is rare. Beans snack and a tea or beer have an affinity for  each other.

 WIMG_0184

豆菓子 日本では豆はポピュラーな食材である。 食事としても食べられ、おやつとしても食べられる。 いろいろな方法で調理される。WIMG_0181 その一つに”炒る”という方法がある。 創業90年を超える豆専門店が”但元いり豆店”だ。 ガラスケースに豆菓子が入っていて升で量り売りするスタイルは稀です。 ビールにもお茶にも相性が良い。

Rice Shop by rice Meister
お米マイスターのいる米店

WIMG_0041

Rice It is a traditional staple food of Japan. TPP has been discussed. It is said that Japanese farmers scream. But all farmers do not.WIMG_0032

One way that is helping farmers, is Sale style by rice shop such as the photograph. Shop of style such as the photo is very rare. First, I will explain the rice Meister system. WIMG_0034The rice Meister’s the exam that Japan Rice Retailers Association is presided over, can be take “rice dealer” only . The rice Meister, there is a five stars and three stars.WIMG_0038 Three Stars is to determine the specific knowledge about the ability of rice. Five-stars is to judge the technical capabilities that can be qualification only person who has acquired a three-star.

”Kameta” is Rice shop that long-established was founded in 1782, getting five stars.

日本の伝統的な主食である。 TPPが議論されている。 日本の農家は悲鳴を挙げるといわれているがそうでない農家も多い。 農家を助けている一つの方法が写真のような米専門店だ。 写真のようなスタイルのお店は非常に稀である。 まず、お米マイスター制度を説明する。 お米マイスターは、日本米穀小売商業組合連合会が主宰し、お米に関する専門職経験を持つもの、すなわち”お米屋さん”しか受験する資格はない。 お米マイスターには、三ツ星と五ツ星お米マイスターがある。 三ツ星はお米に関する知識的実力を判断し、五ツ星は三ツ星を取得した者のみ資格取得できる技術力を判断する資格だ。 玄米の判別能力、食味官能試験がある。

亀太は天明二年創業〔SINCE 1782〕の老舗米販売店で五つ星を取得している。

 http://www.kameta.biz/

Narrow and super long shop street
幅が細くしかし長~い
昔ながらの商店街

WIMG_0110

Sunamachi Ginza Street http://sunagin.main.jpWIMG_0125

Go to walk here is difficult. Reason is no near the station. This is very rare in Tokyo. In the “shopping district would like to visit” of February 5, “Nihon Keizai Shimbun” in 2005, was chosen in top3.WIMG_0105 But, There aren’t foreign tourists almost. It is one of the area that I’d like you to visit. Road’s width is less than 4 meters, but length is 670 meters.

WIMG_0140Extends to the east and west so as to connect the Maruhachi street and Meiji Dori.

Now, It is also a shopping street still left feeling of Showa. Tanabata Festival, we have been Closeouts called “stupid value city” for the 10th month in early August. 20,000 people visit.

歩いてここにつくことは難しい。 なぜなら、駅が近くにない。 これは東京では非常に珍しい。 『日本経済新聞』2005年2月5日号の「訪れてみたい商店街」で、3位に選ばれた。 しかしながら、外国人観光客はほとんど見ない。 是非一度訪れてほしいエリアのひとつだ。 道幅は4メートルに満たないが長さは670メートルある。

明治通りと丸八通りを結ぶように東西に延びている。

今もなお昭和の色影を残した下町の商店街である。 8月上旬に七夕まつり、毎月10日には「ばか値市」と呼ばれる大安売りを行っている。 平日で1日のべ15,000人、休日でのべ20,000人が訪れる。

Vegetarian restaurant
数少ないベジタリアン向けレストラン

http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13029725/WIMG_0007

Unbelievable!! Can you believe?

They are made by Vegetable. No-meat,No-fish,and No-garlic,No-onion.

                          WIMG_0006

I’m not a vegetarian. Sometimes difficult to be meal with vegetarian. Because,taste is different it. This Restaurant is different.WIMG_0009 Rather, even that it is a vegetarian restaurant, I can not believe. It tastes good.

 Vegetarian food in Taiwan “苓々菜館(It’s Vegetable)”

WIMG_9988あなたは信じられますか? これらはすべて野菜で、肉・魚・ニンニク・ねぎは一切使っていない。 私はベジタリアンではない。 ベジタリアンと食事をすることは難しいこともある。 それは味が悪いことがあるからだ。 ここのレストランは違う。 むしろ、ベジタリアンレストランであることすら、信じられない。 おいしい。

台湾の精進料理   

Sold by weight! Miso shop of traditional
都内近所にある味噌量り売りのお店

WIMG_0162

It’s one of the seasoning of traditional Japan. It is also sold in convenience stores. The package is single. Because, those chemical seasoning is included in many cases.

WIMG_0148Store which continues the tradition there are many in Japan. Store like to photographic style is a                         little in Tokyo. “Sano miso” is one of them.WIMG_0166 Sano miso was founded in 1934. As a specialty store of miso, “Sano miso” have continued the tradition. The 60 different miso served in a large barrel in the store, is “an article of feelings”. It is possible to buy pickles and seasoning of naturalism that made use of the characteristic of the material, and dry matter, of the sea and the mountains, and various items that decorate the dining table.

 WIMG_0149

味噌 それは日本の伝統的な調味料の一つだ。 コンビニエンスストアでも販売されている。 そのパッケージは単一だ。 なぜなら、化学調味料が含まれたものが多い。

日本には伝統を守り続けている店も数多く存在する。 写真の販売スタイルは東京では数が少ない。 佐野みそはその一つだ。 佐野みそは昭和9年に創業した。 味噌の専門店として、伝統を守りつづけている。 店内の大樽に盛られた60種類の味噌は、どれもが「こだわりの品」だ。 素材の持ち味を生かした自然派の漬物、海と山の乾物、そして調味料など、食卓を彩る様々な商品が買うことができる。

https://sanomiso.com/