Category Archives: Sightseeing 観光

GO TO DIsney and Haneda By bus

map_kinshicho

Distance from this area to Disneyland is not far away.
However, the access by train is poor.
If you want to go to DIsney land from this area, it is recommended that you get on the bus after to go to Kinshicho Station once.WIMG_0854

For timetable
Please refer to the URL.
http://info.tokyodisneyresort.jp/access/bus/kinshicho.html
Japanese only
Adult rate is 720 yen
About 45 min

WIMG_0862
In addition, you can go directly from here to Haneda Airport.

For timetable
Please refer to the URL.
http://www.keikyu-bus.co.jp/airport/02_11_t2.html
http://www.keikyu-bus.co.jp/airport/02_11.html
Japanese only
Adult rate is 920 yen
About 40-60 min

WIMG_0864 WIMG_0867

Tokyo “Onsen” Hot springs

In case of stay in Tokyo, “Onsen” Hot springs and public baths

WIMG_9699 W20140622_172636 W20140622_162242 W20140622_162145 W20140622_145423

Onsen is water that contains mineral components other than water from the ground. Basically, hot spring is often located in the vicinity of the volcano. Therefore, the number of hot springs is less in Tokyo. In addition, it is whether is very important that how to enjoy hot spring “Onsen”.

If you want to enjoy the natural scenery or good of view, it is recommended that you go out to the suburbs.

However, traveler’s time has limited. I propose three ways.

1.   Hot spring facilities in Tokyo
Hot water is a hot spring. The view is modern and inorganic. 1000 yen or more

2.  Public baths in Tokyo
Hot water is not a hot spring. You can experience the traditional Japan. Economic. Once about 500 yen.

3.  “Oedo Onsen Monogatari”
Hot water is a hot spring. Interior is reminiscent of the old days of Japan. Once about 2000 yen

 

I will introduce the Oedo Onsen.

This is located in Odaiba.
Appearance is big, there is atmosphere of old Japan.
Free buses depart from the main station.
As Japan’s first hot spring theme park, it opened in March 1, 2003.
Normal business hours is until the next morning 9 am from 11am.

There is accommodation “Oedo inn Iseya” and simple accommodation “Black Ships Cabin” (men only), this is possible that they will be staying.

In case of weekdays, is able to nap until 7:00 in the rest room or hall without having to use the accommodation.  (this is written in February 2013)

As new attractions of Odaiba that reproduces “Edo” to the city, also as hot spring facilities that be able to go feel free , there is popular  to the elderly from children regardless of gender.

This theme is like do time slip.  After admission, choose from many kind of “yukata” that be able to rent from the facility, spend dressed. In the “Oedo Onsen” You can do game that was popular in the old days on Edo.

 

URL  http://www.ooedoonsen.jp/daiba/

Address  :  2-6-3, Aomi, Koto-ku, Tokyo

所在地  東京都江東区青海2丁目6番3号

 

Directions (for free bus)

Timetable

Around Sumiyoshi station 住吉

Around Kikukawa station 森下

Real size diorama of edo

WIMG_2929 WIMG_2941 WIMG_2949 WIMG_2967 WIMG_2970Kyoto, Kanazawa, Kawagoe
There are traditional town  that has continued the rooftops of old-fashioned Japan.
Because it is difference large from the present life, is modernized partially.
Fukagawa Edo museum
Here, Edo itself.
There is no detail display of English here.
Because it is almost clearly by brochure, you guys can grasp.
It is a display of the indoors that can be viewed even on rainy days.
Because unlike miniature, it is life-size, it is very reality.
There is also a another display from time to time.
When I visited, there was a exhibition of crepe.

09:30-17:00

http://www.kcf.or.jp/fukagawa/english.html

 

 

 

The festival of once in 3 years
3年に一度のお祭り
猿江神社

 

WIMG_0566 WIMG_0551 WIMG_0572 WIMG_0547

猿江神社

 

祭神は天照大御神・宇迦之御魂神。平安時代後期、源頼義・義家父子による奥州遠 征(前九年の役)で数々の武勲を立てた家臣『猿藤太』は武勇の士と讃えられたが、此の地の入江で力尽きた。地元の漁師達は手厚く葬り、当社の境内に塚を建 て葬ったが、猿藤太の「猿」と入江の「江」の字を取り結び「猿江」の社名になったと伝えられる。創立年代は不詳だが康平年中(1058)頃には近在の信仰 を集め、稲荷社として境内地5百余坪を有したという。昭和21年に伊勢大御神を合祀して社名を猿江神社に改称した後も「猿江のお稲荷さん」として親しまれている。

猿江神社例大祭    
3年に1度の本祭りの年(2008)には土曜日に社殿で祭礼、日曜日に神幸祭が行われ午前8時に猿田彦を先頭に、神職・お囃子の後に古式のまま行列が神 社から出発し、町会神輿の連合渡御を伴って氏子町会を巡幸し午前11時ごろ神社に戻る。2008年は猿江2丁目と住吉1丁目町会の神輿が神幸祭連合杜御に 参加したが午後には各町会神輿、山車がそれぞれの各町会を練り、両日とも境内で奉納踊りほか色々な行事が催され沢山の屋台が出て祭りは賑わう。

http://homepage3.nifty.com/saruejinjya/

http://www.tesshow.jp/koto/shrine_sarue_sarue.shtml

http://members2.jcom.home.ne.jp/ichikondo/08%20saruejinjasairei.html

Taste is “Showa”.
You can look Mt Fuji in tokyo even on a rainy day.
数少ない雨でも見られる富士山

WIMG_0587 WIMG_0585 WIMG_0598 WIMG_0595

銭湯(せんとう)は、客が入浴できるようにした日本の公衆浴場である。

日本に仏教伝来した時、僧侶達が身を清めるため、寺院に「浴堂」が設置されたことが起源である。
戦後、本格的に都市人口が増大すると、至るところで銭湯が建築された。1965年(昭和40年)頃には全国で約22000軒を数えるようになった。
高度経済成長期以降、風呂付住宅が一般的になったことなどから、利用客と軒数が減っており、2005年(平成17年)3月末日における全国浴場組合(全国公衆浴場業生活衛生同業組合連合会)加盟の銭湯の数は5,267軒となっている。
脱衣所の手前で男湯と女湯に分かれている。外からのぞき見しにくい側に男湯を配置する場合もある。
銭湯と聞くと富士山の壁絵を思い浮かべる日本人は少なくはない。大正元年(1912年)に東京神田猿楽町にあった「キカイ湯」の主人が、画家の川越広四郎に壁画を依頼したのが始まりで、これが評判となり、これに倣う銭湯が続出し、銭湯といえばペンキ絵という観念を生じるに至った。なお、正確には東日本、特に関東地方の銭湯に特有のものであり、西日本の銭湯では浴槽が浴室の中央に設計されることが多いこともあり、壁面にペンキ絵はほとんど無い。図柄は浴場の主人による注文が基本であるが、富士山を主体とした図柄は男湯の浴室正面の壁面に描かれることが多く、女湯の浴室のペンキ絵は、富士山でなく幼児や子供が喜ぶ汽車や自動車が描かれることが多い。2012年(平成24年)10月の時点でペンキ絵の絵師は関東で2名を残すのみとなり、後継者の存続が危ぶまれている。

Wow, is It free! You can ride japanese old ship “wasen”
貴重な無料体験!東京で和船に乗船!!

WIMG_0849 WIMG_0851 WIMG_0856 WIMG_0857江東区は水彩都市だ。現在は埋め立てにより海岸が若洲にあるが、かつては現在の内陸部が海岸線であった。江東区役所沿岸部と逆の方向に『海辺』という住所があり、これはそのときの名残だ。 また『木場』という地名は、その名のとおり貯木場があった場所。 当時は運河を用いて木材を運んでいたのだから江東区が運河の町であったことがうかがえる。 そんな江東区はかつての技術や歴史を伝えるために和船の乗船を無料で行っている。 江東区がバックアップし、主にボランティアスタッフで活動しているため無料のようだ。

 

 

 

 

Clover Bridge

WIMG_0089 WIMG_0075 WIMG_0081 WIMG_0076CloverBridge, has struck at the confluence of the four districts Sarue, Oshima, Kitasuna, Ogibashi. Clover bridge has been planned as a landmark that can provide a cultural exchange between people and comfortable living in the community. It is a bike and pedestrian bridge, which was completed in December 1994. Four-leaf clover has been drawn in the middle of the bridge. It is often used as a location.

小 名木川クローバー橋は、 猿江、大島、北砂、扇橋の4つの地区を、小名木川と横十間川の合流点で結び、地域社会に快適な生活と人と文化の交流を提供できるランドマークとしての意義 が深い橋として計画されました。完成は平成6年12月、歩行者と自転車専用橋です。橋の真ん中に四つ葉のクローバーが描かれていて、ロケ地としてもしばし ば利用されています。